Construction


構造


住まいは見た目だけでなく、それ以上に大切なのが、住まわれる方に永く安全、安心の暮らしをお届けすることです。にしてつホームの住まいは「長期優良住宅」の認定基準を充たす100年程度使用できる構造躯体により安全・安心に気を配っています。

 

見えないところで安心を支える基礎


安定性の高いベタ基礎と、剛性の高い密に組まれた配筋の採用で強固な基礎を実現しています。

防湿フィルム

床下全体に防湿フィルムを敷設し地面からの湿気の上昇を防ぎます。

基礎の配筋

にしてつホームの基礎はベース部分の配筋が密に組まれ、強固な基礎を実現しています。

鉄筋コンクリートで床下全面を覆う強固な基礎

床下全面に厚さ15㎝の鉄筋コンクリートを打設し、基礎全体を一体化した信頼性の高い構造です。


「ベタ基礎」と「布基礎」のちがい

建物の荷重を面全体で支えるため、不同沈下を起こしにくい安定した構造になる。

建物の荷重を線で支えるため、軽微な地殻変動でも不同沈下を起こす危険性がある。


地震に強いツーバイフォー工法


耐力壁と構造用金物により、高い耐震性を有しています。床、壁、天井の6つの面で空間構成するため

耐震性、耐風性、耐火性に優れており、台風等の横風にも威力を発揮します。

地震での倒壊や変形を防ぐモノコック構造

建物全体を大きな箱としたモノコック構造にすることにより、床、壁、天井が構造躯体と一体化した面となり、地震の力を6面体の建物全体で受け止めバランスよく分散して構造躯体の接合部への集中を緩和します。

構造計算に基づき、接合部を連結することで、高い耐震性能を実現します。

 

 

土台と1階壁、1階壁と2階壁を金物で連結。構造躯体に、横からの力だけでなく、上下の力に対しても優れた耐震性を発揮します。

 

屋根のたる木と2階壁を連結し、強風にあおられても屋根が吹き飛ばされないようにします。

基礎と建物の連結を強化するホールダウン金物により確かな構造強度を実現します。

2×4工法は、火災に強い!

2×4工法は「省令準耐火構造」に認定されている、火災に強い住まいです。一般木造住宅よりも安い火災保険料で加入することができます。

 


※金物のサイズや数、設置箇所は、各住宅により異なります。